スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤平市今昔町【7丁目】

前回に続いて赤平駅構内です 。
昭和37年、SLが 炭車を引いてます。この石炭は何処の炭でしょうか?

025-1のコピー1
 



現在(平成23年)49年後の駅構内です。
025-1のコピー

現在は鈍行しか止まらない寂しい駅ですが、赤平駅のある根室本線は、

日本一長い距離を走る定期普通列車が走る区間として有名です。

鉄道マニアのみなさん、一度炭鉱遺産も残る赤平で下車してみては?
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Re: タイトルなし

>ゆんぐさん

自分、SLの記憶は小学校低学年くらいまでしか記憶ありません。。市役所前にあった踏切が炭車でふさがれてなかなか遮断機が上がらなかったことなど憶えてます。

赤平市内には古くなっても変わってない場所がまだまだあると思います。

うわ~なっつかしぃ~機関車だー!
石炭を運ぶ機関車は、私が大人になってからもまだ走っていました。

あの頃は、当たり前すぎて何も感じなかったな~。
それにしても駅ホームの階段屋根まで全然変わっていないのが驚きです(^_^;)

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

DOSA

Author:DOSA
日記やら写真やら雑多なブログです。
北海道で独身生活をエンジョイしており、趣味を釣りからカメラにシフトして北海道内遊んで歩いています。
何かありましたら
dosa@live.jp
にご連絡ください。

使用機種
Nikon D80(DX一眼)
NIkon D700(FX一眼)
PENTAX Optio WG-2 GPS(コンデジ)

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。