スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稚内赤れんが通信所 訪問

10日(土)・11日(日)とmixiコミュ“めもりある探検隊”の探索会があり、羽幌、稚内方面へ行って来ました。

初日訪問した稚内の通称“稚内赤れんが通信所”正式名称“旧海軍大湊通信隊稚内分遣隊幕別通信所”に行って来ました。
普段は公開してないそうですが、連絡すれば開けてくれ見学できるそうです。しっかりと施錠されてるので地元ボランティアの熊田さんに開けていただき敷地内に入ります。

P1040960.jpg P1040963.jpg

補修復元された小さな建物の中には賞状や絵などが飾ってありました。

P1040965.jpg DSC_0003.jpg

そして説明を聞いた後、撮影していると若い女性のグループもいつの間にか増えていて「若い娘も戦跡とか興味あるのかなぁ~」なんて思いながら撮影を終え、ガイドの方に話を聞くとなんでも“galileo galilei”というバンド(稚内出身)がここでPVの撮影をしたらしく、その若い娘たちはそのファンらしい。まぁグループ名聞いてもチンプンカンプンの自分は「ふ~んそうなんだ」程度の反応です(笑) どうりで戦跡の前でピースサインして記念写真撮るわけだ。。
で、そのガリレオというバンドを検索して聴いてみると聞き覚えのある曲のPVに使われていたんですね。CMでしたかね?


最後は保存活動をしている熊田さん(左)、中山さん(右)と名刺交換をし、施設を後にしました。

P1040973.jpg 

フットパスなんかもやってるらしく、自分のやってるTANtanにも通ずるところもあり少し親近感がわきました。
炭鉱遺産、戦争遺産ちょっと違うけど、こういった北海道に残る遺産を大切にして後世に残して生きたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Re: またもや目からウロコ

>ゆんぐさん

ただの廃墟・・という観点ではなく、絶対次世代に残して語り継いでいかないと“戦争”が風化していきます。
戦争は二度とあってはいけないことですから、こういうのにも目をそむけないようにしないといけません。

またもや目からウロコ

戦争遺産という言葉を改めて考えてみました。
戦争に関わるものは、いつの間にかどうも「負の遺産」というイメージで頭のどこかにこびりついていて、自分の頭の固さに「あーイカンな~」と思いました。
もっと広い視野で見ていかないとと反省しましたです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

DOSA

Author:DOSA
日記やら写真やら雑多なブログです。
北海道で独身生活をエンジョイしており、趣味を釣りからカメラにシフトして北海道内遊んで歩いています。
何かありましたら
dosa@live.jp
にご連絡ください。

使用機種
Nikon D80(DX一眼)
NIkon D700(FX一眼)
PENTAX Optio WG-2 GPS(コンデジ)

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。